タトゥーを消したい方へ

川崎中央クリニック タトゥー除去

 

タトゥーを消したい理由は様々かと思います。
若気の至り、自分へのケジメ、後悔・・・。

 

そして消したいのに他の病院では「大きさや色」「時間的な問題」「手術するしかない」など様々な理由で断られた方も多いのではないでしょうか?
当サイトはそのような方向けに作ったサイトですのでぜひ目を通してみてください。

 

タトゥーを消す方法

タトゥーを消す方法は「切除手術」「レーザー治療」「皮膚移植」の3通りです。

 

切除手術

レーザー治療

皮膚移植

除去方法

タトゥーが入っている皮膚を切除し、周囲の皮膚を縫い合わせることでタトゥーを除去する レーザーによってタトゥーの染料を破壊することでタトゥーを徐々に薄くしていく タトゥー部分の皮膚表面を剥離し、自身の身体の健康な皮膚を移植することで、タトゥーを除去する

メリット

・短期間で除去できる
・タトゥー自体は完全に除去できる

・タトゥー以外の肌を傷つけない
・傷跡が少なくて済む
・回復が早い

広範囲でも短期間で除去できる

デメリット

・タトゥーが大きいと治療できない
・傷跡がミミズ状に残る
・ひきつれ感が残る

・何度も通わなければならないため費用が高額になる
・濃い墨、カラフルなタトゥーには効果が薄い
・麻酔なしだと激痛

・移植する皮膚、される皮膚ともに傷が残る
・移植した皮膚がなじまない可能性あり

 

タトゥーを消すのに適した方法は、タトゥーの大きさや部位、墨の量や入っている皮膚の深さなどによって異なります。

じっくり医師のカウンセリングを受け、複数のクリニックと比較するなど、自分にとって最適な除去方法を選択するようにしてください。

 

消す時は痛いのか?

レーザーで除去する場合、タトゥーに人工的なヤケドを負わせて除去するために激痛が走ります。

たいていは麻酔なしで治療する病院が多く、麻酔をするとビックリするような金額がかかります。
自分への戒めとしてあえて麻酔なしで治療する方も多いようです。
メスで皮膚を切開する場合は麻酔をしますが、手術後は痛みや腫れが続き、感染症の危険もあります。

 

最新のレーザー・ピコレーザー

最新式のレーザーは「ピコレーザー」と言って、まばたきの1000億分の1秒の光の速さで照射して行くので今までのレーザー治療で苦手としていたカラフルなタトゥーの除去、広範囲のタトゥー、短期間でのタトゥーの除去をピコレーザーなら治療できるようになりました。
タトゥーインクの粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、奥深く入っている刺青にも反応させることができます。

 

また、今までのレーザー治療より傷跡が目立たなくなり、痛みが少なく、病院に通う回数も減るので最終的な治療費も安くなることでしょう。
日本ではまだまだ導入数が少ないですが、今注目の最新治療法です。
従来のレーザー治療でできなかった治療ができ、費用も従来より抑えられる最新式のピコレーザーは今後導入するクリニックも増えていくことでしょう。

 

 

更新履歴